ミュージックジャンキー秘密のプレイリスト

3度の飯より音楽大好き(は言い過ぎた・・・。)お父さんの音楽レビュー。

Be Quiet And Drive (Far Away) /Deftones 音楽レビュー其の28 

Deftones(デフトーンズ)は、1988年に結成されたアメリカのヘヴィロックバンドです。

 

これまでに3枚のプラチナディスク*1、2001年にはグラミー賞を受賞するなど、アメリカ本国では絶大な人気を誇るバンドです。

 

なのに日本国内では、知名度・人気がイマイチなのであります。

 

ネット上で調べてみるとは、日本でも一部のファンからカルト的な人気を得ている様なのですが、リアルで「Deftones」のファンだという人に会ったことは無いですね・・・。

 

確かに聴いてみると、重くて、暗くて、ぼんやりとしていて、取っつきにくさ満載です。

 

レビューサイトなどで、ディープな音楽ファンからは支持を得ているので、背伸びして聴いて見るんです。ところが、どうもアルバム通して聴けない・・。

 

「ああ・・日本で人気ないのは、何となくわかる。」

 

理解できなくて一度閉じるまた聴きたくなって開くやはり理解できずまた閉じる。

こんなサイクルを幾度となく繰り返していました。

 

ある時、彼らの音楽の魅力気づいたのです。

 

彼らの音楽の最大の魅力は、「重低音」と「幽玄さ」が産み出す強烈なトリップ感。

 

輪郭のぼやけたメロディと低音の波に身を任せると本当に心地よいんですよね。

 

この感覚はほかのアーティストではなかなか体験できません。

ロックなんだけど「副交感神経」のスイッチが入れられる感じ。

 

何度閉じても聴きたくなるのはこの「異端すぎる個性」のおかげでした。

 

聴きこめば聴きこむほどに味わい深く、へヴィロックの「芸術的可能性」を存分に押し広げた最重要バンドと言っても過言ではありません。

 

そんな彼らの楽曲から「Be Quiet And Drive (Far Away)」をご紹介です。

youtu.be

この曲こそ私をDeftonesの世界」へ引き込んでくれた記念碑的楽曲です。 

 

彼らの楽曲としては珍しくアッパーで解放感が溢れた楽曲。

 

「ビート感のしっかりしたアッパーなパート」
「浮遊感と透明感を感じる、混沌としたパート」

 

この2つのパートを行き来するのみ、非常にシンプルな楽曲構成です。しかし、シンプルながらも、持ち前の独創性を放つ一曲となっています。

 

「ここではないどこかへ連れて行ってくれないか?」

 

住み慣れた毎日・代わり映えの無い日々に辟易し、知らない世界へと今すぐ飛び出したい。そんな強い欲求が唄に強く込められていて、聴いていると当てもなく車を走らせ逃避したくなります。(アラフォーおじさんの家出?)

 

*1:プラチナディスク・・・100万枚を売り上げたCD