ミュージックジャンキー秘密のプレイリスト

3度の飯より音楽大好き(は言い過ぎた・・・。)お父さんの音楽レビュー。

Pardon me/incubus~A certain shade of Green/incubus 音楽レビュー其の38〜39

アメリカのベテランロックバンド、Incubusインキュバスを紹介します。
91年に結成された5人組のバンドで、音楽性に関してはこの30年で大きく変わりました。

 

「ん・・・?インキュバスって、もう結成30周年なの??」

 

と、この記事を書くにあたり、驚愕してしまいました。

 

好きだったアーティストが、結成20年、25年、30年・・・時の流れの早さと、自分がおじさんになったことを思い知らされます。

 

このIncubusは客観的に見ても、けっこう知名度のあるバンドだと思います。アメリカのロックが好きな方なら知っている方も割といるのではないかな・・。

 

音楽性ですが、初期はファンク・メタル・民族調のリズムを取り入れた、バッキバキのミクスチャーサウンドを披露していました。

 

中期〜現在は音楽性の幅を広げ、フォークやサイケなども貪欲に取り入れつつもオーセンティック(正統)なロックへと進化していきました。さらに有名なバンドで例えるとレッチリに近い音楽性と捉えています。

 

私は初期の音楽性が好みで、ちょうど2000年初頭に聴いておりました。
世は2002年日韓ワールドカップの真っ只中。私は、開催地である札幌ドームでバイトをしていたことをよく覚えております。

 

イングランドベッカムがイケメンで「ワーキャー」騒がれていましたが、私は「いや、ベッカムよりブランドンの方がイケメンだろ!!」と意地を張ってました(えっ!?)

 

ブランドンとはインキュバスのフロントマン、ブランドン・ボイドのことです。非常にどうでも良い情報ですが、ベッカムとブランドンのルックスのベクトルは同じ方向をむいてますので、ググってみてください。(共感してもらえたら嬉しいです。)

 

歌声も含め・非常にセクシーなボーカリストです。
そんなセクシーな歌声が堪能できる一曲として「pardon me」 を紹介します。

youtu.be

非常に爆発力のあるサビの展開にグッと心を鷲掴みにされますよね。ブランドンののびやかなヴォーカルが聴いていて気持ちいいです。DJの高速スクラッチが効果的に盛りあげます。

 

次に紹介するのは「A Certain  Shade Of Green」が自分にとってベストトラックです。フェイバリットアルバムS.C.I.E.N.C.E」に収録されております。最もIncubusの音楽性が尖っていた頃です。

 

youtu.

この楽曲は音楽の楽しみ方を大きく広げてくれたと思います。

 

具体的には

「バキバキとしたスラップベース」
「ファンキーなクリーンギターのカッティング」
「民族調のリズムとロックの親和性」

などなど。

 

今までに触れてきた音楽では意識しなかった、新しい世界を魅せてくれました。

音楽は小学生の時からずっと好きなのですが、よりディープにディープに「沼」に沈む際、そのポイントとなる楽曲がいくつか存在しています。

 

この曲も、その中の大切な一曲です。

 

Incubusは現在も精力的に活動を続けています。落ち着きと余裕を感じるロックを披露しています。現在はリアルタイムで逐一彼らの動向を追うことはなくなりましたが、たまに聴いてみようかな?

 

マネキン/ハルカトミユキ 音楽レビュー其の37

日本のロック女性2名からなるフォークロックユニット、「ハルカトミユキ」をご紹介します。

 

パット聴き、さわやかな歌声、キュートなルックスに騙されるのですが、少し聴き進めると「ん??」って引っかかるわけです。毒気MAXの歌詞にやれてしまいます。微笑みながら歩いてくる人にナイフで刺されるような際どさ。これはすごいです。

 

立教大学の音楽サークルで、出会ったハルカさんとミユキさん。音楽的な共通点が有ってユニットを結成されました。音楽趣向も面白くて、森田童子・銀杏BOYS・ニルヴァーナなど幅広い音楽を好んで聴いていたようです。

 

「ロック」フォークソングをルーツとした、多彩な楽曲に毒気たっぷりのハルカさん歌詞が乗っかって病みつきになります。

 

ハルカさんの文章へのこだわりを裏付ける経歴として、立教大学文学部在籍中も「短歌」を作っており、ミニアルバムのタイトルも短歌、自作のミニ詩集をライブ会場で販売するなど数々のエピソードが有るのです。

 

よって、音楽好きな方だけではなく、文章が好きな方にもオススメです。(もちろん人の心に刺さりこむほどの強い個性をもつ詞なので、万人に受けるものではないのですが・・。)

 

そんな彼女達の楽曲から、マネキンを紹介します。

youtu.be

 

凄みとえぐみのある楽曲に仕上がっていますよね。えぐみと言うワードが、音楽を評するにあたって適切な表現かどうかは微妙ですが・・・。

 

イントロなんて爽やかなビートとコード進行に、不協和音を「グワーー」と乗せてます。my bloody valentineのようなシューゲイザー的手法を、効果的に使っていて個人的に位は「気持ち悪さが気持ち良いみたいな感覚が有ります。

 

サビの歌詞にいたっては

引きずり出して飛び散った
赤や緑のハラワタ
美しいだけの顔を塗りつぶす 

 引用:ハルカトミユキ『マネキン』より

ですからね・・。他の人には書けない唯一無二の個性。

 

そして、ハルカさんの歌声がまたよいんです。どんな濃い詞をも中和する、あっけらかんとした声が良い意味でこのユニットが醸し出す「危うさ」のバランスをとっているのです。

 

このユニットに関しては、シューゲイザー、ロック色の強い曲のほかに、非常にフォーク色がかなり強い曲もあるんです。こちらも哀愁を感じる良い曲がたくさんそろっているので、この辺りもまた別の記事で紹介できたらと思います。では!

RIVER/10-FEET 音楽レビュー其の36

10-FEETは97年結成のスリーピースロックバンドです。(来年、25周年なんですね)

バンド名はバスケのゴールの高さである「3メートル=10フィート」が由来になっており、「ジャンプしても届きそうで届かない距離」という意味が込められています。

彼らの音楽性はメロディックパンク寄りのミクスチャーロックです。

 

激しくも「泥臭さ」や「温かみ」を感じる音楽は、今なお新鮮です。「リスナー突き放す刺々しさ」より、「こっちきて一緒に楽しもうや」そんな懐の広さを感じます。

 

バンドの立ち位置も当時から、個性が光っていました。


ロディックパンクバンドとしてはやや変則的な楽曲が目立ちます。

青春パンクバンドのように「人間臭い」雰囲気を感じつつも、時に洋楽のようにスタイリッシュ。

当時の国内ミクスチャーロックシーンの中では、やけにレゲエの色が強い唄と音楽。

 

「息の長いバンドというのは、往々にしてオンリーワンのスタイルを確立しているんだよなあ・・・。」としみじみ。

 

今回紹介するのは彼らの代表曲である「RIVER」です。イントロのディレイギター(エコーのかかったギターの音色)のフレーズを聴いただけでテンションが上がります。それではどうぞ!!

 

youtu.be

アップテンポでポップながらも、サビのメロディや歌詞が感傷的で、グッときます。このメロディはヴォーカルのTAKUMAさんが六本木の交差点で信号待ちしている時に思いついたのだとか・・。(アーティストが日常の何気ない瞬間に、名曲のアイデアが降りてくるエピソードって結構ありますよね。)

 

Cメロに差し込まれるレゲエパートも曲の流れを壊すことなく、楽しめます。

 

メンバーにとってもこの曲は、勝負曲だったようですね。


海外のロックバンドを意識した楽曲を、結成当時から多く発表していたが、この曲で初めて和の雰囲気を打ち出し、結果より多くのリスナーの心に突き刺さったのです。


バンドの可能性を押し広げた、起爆剤になったわけですね。

 

その後も、ワビサビを抑えた和のメロディハードなパンクサウンドを高い次元で融合させた名曲をガンガン発表しているバンドなので、気になる方はチェックしてみてください。

 

VIVID VICE/Who-ya Extended 音楽レビュー其の35

年明けに、今をときめくアニメ「呪術廻戦」が再開され、早速観ていたら

 

「おおっ!?何々??」となったわけです。

 

ロック好きのおっさんにも刺さる激しいビート、ドライブ感のあるサウンド
「呪術廻戦」第2期OP曲の「VIVID VICE」を紹介します。

 

Who-ya Extendedは、ヴォーカルのWho-yaさんを中心としたクリエイターズユニットとのことです。

 

作品によってクリエイターのメンバー変えていく流動的な活動形態をとってます。「ロック≠バンド」な感じで、なんとも新しい!

 

現在21歳(若っ!?)のWho-yaさんは、SNSでの発信を精力的に続けながら、徐々にプロジェクトを拡大していった様です。

 

音楽性としてはLINKIN PARKをはじめとして海外のロックをルーツにもっている様で、今回の「VIVID VICE」もそうしたバンドからの影響がひしひしと感じられます。

 

youtu.be

 

生音に拘った攻めの楽曲とのことで、アグレッシブでかっこいいですよね!

あえてエモーショナル過ぎずクールに歌い上げるヴォーカルスタイルも良いです。

 

個人的に面白いと思ったのは、サビのメロディの譜割りが変わっているところ。

 

疾走感のあるサウンドなので、前のめりにメロディをつけたくなるところですが、若干タメ気味に、ぶら下がる感じに割り付けしてあるんです。

 

ラップのリズムの取り方に近い感じですね。こうした独特の感性にすごく魅かれるんですよね。

 

これからの活躍がとっても期待できるアーティストです!!

 

 

ATTACK/30 seconds to mars~Oblivion/30 seconds to mars 音楽レビュー其の33〜34

30seconds to mars(サーティー・セカンド・トゥ・マーズ)はアメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスで結成されたバンドです。

ヴォーカルのジャレッド・レトはハリウッド俳優としても精力的に活動しており、まさに2足のわらじ。俳優としての代表作は「ダラス・バイヤーズクラブ」「シーサイド・スクワッド」「ミスター・ノーバディーズ」等。

と言っても、ミュージシャンとしての活動も一切妥協しないストイックさがどこまでも素敵です。おまけに容姿端麗ときた!世界中に熱狂的なファンを生み出したと言っても過言では無いです。

 

 そんな彼らの楽曲はヘヴィなオルタナティブロックをベースに、「宇宙的」な広がりをもつ、スケールの大きな作品が非常に多いです。

そこにセクシーなジャレッドの声がのっかると、もうサイコーなわけです。

 

そんな彼らの曲から、「attack」を紹介します。
この曲は2ndアルバム「the beautiful lie」からの一曲です。このアルバムは、一枚通してワビサビの聞いたマイナー調のメロディーが詰まった、日本のロックしか聞かない方にもおすすめの一枚です。ではどうぞ!!

youtu.be

私の心を一瞬で射抜いたキラーチューンです。


シンセ等、電子音を効果的にとりいれ、クールかつひっそりと幕を開けるイントロ~Aメロから、心を鷲掴みにされるような、エモーショナルなサビへとなだれ込むカタルシスたまりません。もう、全ての音楽の中で最も好きですこの曲。(ホントにホント)

シンプルながら効果的に裏メロを入れる、ベースのフレーズもシブくて良いですし、とにかくパワフルなドラムも聴いていて気持ちいい。このドラムはジャレットの実兄のシャノンによるものです。 

 

ファーストアルバムからは、Oblivionをご紹介します。

 

youtu.be

こちらは、無機質なビートと有機的で情熱的なヴォーカルが絡む刺激的な1曲となっています。リズムの緩急がスパイスになっていますよね。

 

・・・うん

 

これ以上記事を書いてもベタ褒めのコメントしか出てきませんのでこの辺で締めます!

 

Ranunculus/ DIR EN GREY ~アクロの丘/ Dir en grey  音楽レビュー其の31~32

DIR EN GREYは96年大阪で結成された日本のロックバンドです。
メンバーチェンジもなく25周年を迎えた今なお、精力的に活動中です。

彼らが知名度・セールス、ピークだったのはメジャーデビュー直後の99年ごろです。

 

音楽業界はまだバブリー。DIR EN GREYインディーズバンドとして、史上初の武道館公演、3枚同時発売のメジャーデビューシングルが全てトップ10入りと、話題に事欠かず、ヒットチャートを賑わせました。なので、割と記憶に残っている方もいるのではないかと思います。

 

高校生だった私は、LUNA SEAの影響で、ヴィジュアル系にどっぷりとはまっており、その流れでかなりこのバンドも好きでした。


過激なコンセプトを打ち立てた楽曲と映像で、視覚的にも聴覚的にも、多くの刺激をもらったバンドです。


インディーズ~メジャーデビューの時期は正直、演奏も唄も未成熟で、粗も目立ったのですが、作品を重ねるごとに強靭にビルドアップしていきました。

 
しかし、TV出演など表舞台からは早々に姿を消していきました。


なので一般の方の中では、DIR EN GREY=ザ・ヴィジュアル系バンド」と言うイメージのまま、止まっているのではないかと思います。

 

2005年頃から化粧やを落とし派手な衣装も捨て、武骨なルックスで硬派な印象が強まりました。海外のエクストリームミュージックを視野に入れた楽曲も増え、海外のロックフェスに精力的に出演するなど、ワールドワイドな活動が増えていきました。

 

私は特に、ハードさと聴きやすさが同居していた2003~2008年までの楽曲が一番好きですね。

以降の楽曲は、さらにリスナーを突き放す難解さに満ちたものとなっていき、私も突き放され、次第に彼らの音楽を聴かなくなりました。

 

今回紹介する「Ranunculus」は彼らの最新アルバム(と言っても既に2年以上前の作品です)「The Insulated World」に収録されていた楽曲です。

彼らの楽曲から遠ざかっていましたが、ひさびさに触れて見るとこの曲が本当に素晴らしかったんです。先ずは聴いて見て下さい。

youtu.be

 

荘厳な趣のある、ゴシック調のコンセプチュアルなMV。

タイトルラナンキュラスは花の名前です。 花言葉「あなたは魅力的だ」

 

バンドのパブリックイメージとは 趣の違う、非常に美しい楽曲となっております。

そのままであなたは輝いてるのだから、 自分を殺して愛想笑いするのはやめ、 素直なままでいて。

寄り添うような 優しいメッセージを感じる一曲です。

 

デビュー当時から一貫して「人間の弱さ、あさはかさ、エゴが原因で引き起こす現象により、人々が受ける様々な心の痛みを世に広める」と言うコンセプトに沿った、グロテスクで救いのない作品を数多く発表してきたバンドですが、反面、慈愛に満ちた優しさを感じる楽曲もあります。

 

デビュー当時の有名な楽曲に「アクロの丘」と言う、XJAPANのYOSHIKIさんがプロデュースした楽曲が有るのですが、この曲から脈々と受け継がれる、美しく儚い雰囲気を、現在の彼らの表現力を以てして届けてくれた一曲です。

 

と言う事で、最後に「アクロの丘」をご紹介して、お別れしましょう。

youtu.be

KILLING ME/SiM~KILLING ME/燐舞曲 音楽レビュー其の29~30 

 神奈川県初レゲエパンクバンドSiMを紹介します。

 

ロックが好きで、レゲエも好きっていう方にはドンピシャだと思いますが、レゲエ嫌いのロックファンにも十分お勧めできる激しくてかっこいい楽曲を提供しておりますね。

 

楽曲によってロック要素が強い曲と、レゲエ要素が強い曲があるんです。レゲエ要素の強い曲をご紹介すればよかったんですが、結局好きな曲を紹介するという・・・。

 

今回は彼らの人気曲「KILLING ME」をご紹介します!

 

この曲はレゲエ要素:ロック要素=1:9のロック色が強いキラーチューンになっております。

 

初めてSiMの音楽に触れるロックファンにお勧めです。

 

初めてこの曲を知ったのは「スペースシャワーTV」のライブ告知CMを通してです。30秒足らずのCMの中で「なんだこの曲!?絶対やばいぞ。すぐ検索しよ!」と感じさせてくれるような、タイトル通り殺傷能力の強い楽曲だったという印象でした。

 

それでは是非聴いてみてください。

 

youtu.be

 

どうですか?非常にスピード感溢れた、スリリングなナンバーです。サビのメロディがとにかく最高ですよね。ヴォーカルにかけられた強力なエフェクトがモダンで完成された印象を与えてくれます。そして迫力のあるスクリームもかっこいいです。

 

MVは白を基調としたバックに、強烈な個性を放つメンバーが生えます。ベースのSINさんの超人的な動き・ヴォーカルのMAHさんの強烈な目力の強さ。インパクト抜群です。

 

 

歌詞に関してはちょっと深い意味がありまして、ここでは触れませんが興味があればググってみてください。

 

また、MAHさんがアレンジを手掛けた女性ヴォーカルが唄う「KILLING ME」もよかったので紹介します。燐舞曲というバンドのようです。

 

youtu.be

 

 

「女性によるスクリームが聴きどころ」みたいな、よくある女性ラウドロックバンドのアレンジじゃなくあえて、透明感のある歌声を生かした洗練されたアレンジに仕上げてあって、原曲とは全く違った印象を受けます。